>シングルマザーになったら>シングルマザーの保険加入プラン

  

【HOME】
     
母子家庭を支える制度
児童扶養手当のこと
シングルマザーの生命保険は?
シングルマザーの保険加入プラン
どうする?教育費
シングルマザーと仕事
スキルアップしよう



シングルマザーの保険加入プラン


一般的に生命保険の掛け金は月収の10%が目安とされているのですが、月収30万円の家庭の3万円と、15万円の家庭の1万5千円では家計に占める負担の大きさが全く違うのです
統計による、シングルママの家庭の平均年収は212万円
月収にしておよそ17万円
それでも病気をしたときのことなどを考えるとある程度の保障は用意しておく必要が・・・
万が一のときも、公的保障だけでは不安がありますよね

ひとり親家庭の医療費助成を受けている方であっても、収入減や子供の年齢が対象外になることを想定しておきましょう
若くて健康なうちでないと保険料を抑えた内容の良い保険は難しくなります


医療保障は病気やケガで入院したときの医療費と休んでしまった仕事の収入減に備えます
公的保障で足りないところを補うということを最低限考慮します。
高い保険料を払って日々の生活に支障が出ないようしましょう
死亡保障は遺族年金も考慮し、学資保険に入っていない場合は子供が大学を卒業するまでの間まででもよいので準備を

保険プランを練るまえに

まずは公的保障内容を押さえておきましょう


医療費の公的保障(2015年6月現在
高額療養費制度(すべての健康保険に加入している人が対象)
健康保険が適用の治療費(入院、手術も含む)を受けた場合の1か月の上限を超えると還付されます

目安で標準報酬月額28万〜50万円の場合の自己負担→
80,100円+(総医療費−267,000円)×1%
目安:標準報酬月額26万円以下の場合の自己負担→
57,600円  
低所得者:市区町村民税の非課税者等の自己負担→
35,400円

ここで気をつけておきたいのは自己負担の計算は当月1日から月末までです。
月の半ばから翌月にまたがって診療行為や入院などをすると上記の2倍になる可能性を考慮してくださいね

収入の公的保障(2015年6月現在)
傷病手当金(健康保険加入者が対象)※国民健康保険の場合、市町村の国民健康保険では支給されず、一部の国民健康保険組合では支給されているようなので国保の方は確認しておくことをおすすめします

下記の要件を満たしたとき、
1日につき、標準報酬日額の3分の2に相当する金額が支払われます(最長1年6か月
※傷病手当金の額より少ない給与が支払われているときは、その差額
【要件】
前提として、業務外の事由による病気やケガの療養のため仕事を休んだ日から連続して3日間(待期)の後、4日目以降の仕事に就けなかった日に対して支給されます(有給休暇、土日も含まれます)
@業務外の病気やケガで療養中であること。
業務上や通勤途上での病気やケガは労働災害保険の給付対象となります
A療養のための労務不能であること。
労務不能とは、被保険者が今まで従事している業務ができない状態のことで、労務不能であるか否かは、医師の意見及び被保険者の業務内容やその他の諸条件を考慮して判断となりま
B4日以上仕事を休んでいること。
療養のために仕事を休み始めた日から連続した3日間(待期期間)を除いて、4日目から支給対象です。D給与の支払いがないこと。ただし、給与が一部だけ支給されている場合は、傷病手当金から給与支給分を減額して支給されます

死亡時の公的保障

遺族基礎年金、遺族厚生年金
「シングルマザーの生命保険は?」で綴った制度です。
子供が18歳までの支給になります
万一のとき子供たちをどう養育するのか(自分の両親に頼めるのか、別れた夫に託せるのか、兄弟姉妹に頼るのか)を想定して公的保障で足りない、最低限の葬儀代、生活資金、教育資金を計算してみましょう

27年度の年金額
基本額780100円(年額)
(子が2人のとき 224500円加算、3人目以降 74800円ずつ加算)
だたし次の条件を満たしておかなければなりません
・死亡日の属する月の前々月までの
保険料納付済み期間(保険料免除期間含む)が、全被保険者期間の3分の2以上あること
・又は、平成18年3月31日以前(平成18年4月以降は平成28年3月31日に変更) に死亡日がある場合で、死亡日の属する月の前々月までの1年間のうちに滞納がないこと


ではいよいよ保険プランです

最低これだけは押さえておきたいプラン例

入院時の医療保険を考えます
年齢30歳のシングルママさん 
販売職 手取り月収 12万円(ボーナスなし) 社会保険加入
※児童扶養手当は目安としては全額支給可能
子供5歳、3歳
住まい:賃貸マンション 子供と3人暮らし

この方がもしも病気で2週間入院、手術して、トータルで1か月仕事を休んだらどうなるでしょう・・・
(2週間くらいの入院、手術だと卵巣嚢腫の摘出など、開腹手術のケースが多い)

目安ですが、考えてみましょう
入院/手術の費用はひとり親助成なので0円
食事代は1日630円(非課税世帯として考えます)が14日分で
8820円
術後トイレに行けないため使用した紙おむつ代など、健康保険適用外の実費が
5000円ほど請求されました
差額ベッド代は大部屋で0円
パジャマやミネラルウォーターなどを購入し
5000円ほど雑費費用がかかりました
子供のお世話はご近所のママ友さんが助けてくれたのでお礼に
3000円ほどのお菓子と子供の食事代として1万円渡しました
退院後は傷口が痛むのであまり家事はできず、食事は惣菜などの購入が増えたので食費がいつもより
1万円くらいオーバーしました
仕事を休んだため、翌月の収入は給料がなく、健康保険組合からの傷病手当金になったため手取りは約8万円ほどになり、いつもより
4万円減ほどりました

このケースの場合、入院したことでの経済的損失は
81820円になります

もしも保険の準備がなければ最低でも自己資金でこれくらいはかかる、ということです
では、日額5000円の医療保険に加入していたら・・・
5000円×14日・・・ 7万円
手術・・・5万円(保険種類にもより異なりますが低い給付額で考えてみます)
合計 12万円の給付金となります

更新のないプラン一例
保険会社 主な保障内容 保険料
オリックス生命
(終身医療保険 キュア)
私のおすすめプラン
入院日額5000円(1入院60日)
ガン、心疾患、脳血管疾患での入院は日数無制限
ガンと診断されたら以後の保険料は免除
手術:入院あり10万円 入院なし2.5万円
先進医療保障あり
がん診断給付金 50万円
  
2619円
(終身払)
オリックス生命
(終身医療保険 キュア)
上記プランのベーシックタイプ
入院日額5000円(1入院60日)
ガン、心疾患、脳血管疾患での入院は日数無制限
手術:入院あり10万円 入院なし2.5万円
先進医療保障
  
1707円
(終身払)
コープ共済
(終身医療共済 ずっとあい)
入院日額5000円(1入院180日)
手術:種類によって5万/10万円/20万円
2250円
(終身払)

カタカナ生保と言われるオリックス生命やアフラックなどは3大疾病や7疾病を手厚くしてること、先進医療がついているのはよく似ています

共済はシンプルに入院、手術をメインとして備えるイメージです

どちらも終身払を掲載しましたが60歳で払い済みなどの短期払いもあります
老後は安心ですが、短い期間で生涯の保障を支払うので毎月の保険料は高くなりますし、もしも早くに亡くなれば短期払いのメリットが活かせなくなります

短期の入院が増えていますがそれでも2週間の入院はめずらしくありません
さらに長い入院になりそうなのはガン(特にリンパ系)、下肢の複雑骨折などです
また、入院は短くても職種によってはすぐに復帰できないこともあります。
胆のうを摘出手術したあとの予後が悪い、腕の骨折でプレート手術して退院したけど業務に就けないなど
事故や不慮の事故も誰にでも起こってもおかしくありません
    
    
次は死亡保障を考えます
先ほどの30歳ママさん、お子様は3歳、5歳です
下の子供が大学を卒業するまでには19年間ありますね
遺族年金が満額であっても18歳までは約8万円ほどしかありません
生活費としてはどうでしょうか?
今は12万円プラス児童扶養手当での生活です
万一のことがあったら子供二人を誰かに託さなくてはなりません。
子供二人の養育費、どれくらいかかりそうでしょう?
住居費は考えないとしても生活費として10万円くらいは最低でもかかりそうですよね
(食費、光熱費、被服代、レジャー、医療費、教育費etc)

とすると遺族年金では月2万円、年間では24万円不足します
これが下の子の大学卒業までとざっくり計算しても19年間 24万円×19年→456万円
大学費用として一人300万円として600万円
トータル1056万円です
他にこのママさんが亡くなってしまったら他どんなお金がかかるでしょう
葬式代、今住んでい住居を引き払う費用、お墓は大丈夫でしょうか・・・

考えればキリがなくなりますが、最低でも子供の生活費と学費で1000万円は必要と考えられますね
 
これに合った保険の一例
保険会社 主な保障内容 保険料
オリックス生命
(ファインセーブ)
死亡時1000万円 20年満了
掛け捨て
1720円
オリックス生命
(ブリッジ)
死亡時1000万円 20年満了
掛け捨て インターネット専用
1187円

医療保険も死亡保険もこれらは健康状態のよい方向けの保険です。
今は30歳以上であれば健康基準を緩和している保険もあります(いくつかの健康告知あり)
割高にはなりますが、それでもないよりはいざというときに給付金があれば役立ちますよ


子供の保険はどうでしょうか

子供の保険も準備は必要です
助成制度もありますが、子供がケガや病気でもしも入院となったら付き添いが必要です
親の私たちが仕事を休めば収入うが減りますし、病院までの交通費や雑費がかかります
子供には何でもしてあげたいと思うはず。問題はかかるお金。少しは準備したいですね

参考
保険会社 主な保障内容 保険料
オリックス生命
(終身医療保険 キュア)
入院日額5000円(1入院60日)
ガン、心疾患、脳血管疾患での入院は日数無制限
手術:入院あり10万円 入院なし2.5万円
先進医療保障あり
3歳男 907円
5歳男 912円

3歳女 942円
5歳女 962円


同じくらいの保険料で共済のキッズタイプだと死亡保障など総合的に保障があります
18歳で終わるのでその後に新たに医療保険を考える、ということになります

共済保険と一般の医療保険の一番の違いは医療保険にはケガでの外来通院の保障はありませんが共済にはケガでの通院保障があります(入院の有無は問いません)



資料請求される方はこちらからまとめできます






         
    

<一番上に戻る>


Copyright (C) since2004 yarikuri All Right Reserved