貯める家計管理>袋分けでやりくり費を管理する

    

【HOME】
  
やりくり費は袋分けで管理する
超かんたん☆家計簿


袋分けでやりくり費を管理する


私の場合、光熱費以外のやりくり費は袋分けで管理しています

袋分けのメリットは項目ごとに分けているのでその予算内に収めるようにすれば良いわけで慣れてくれば家計簿も細かくつけなくても家計を把握できることです
例えば我が家では買い物をしたレシートを各袋に入れて、食費なら1週間ごと、他は1ヵ月ごとに集計するだけです(我が家は1ヶ月を5週間で過ごしています)

コツはぎりぎりの予算で袋分けしないことです
足りなくなってしまって袋同士の貸し借りをしてしまっては意味がありません


大切なことは無駄な出費や買い物をしてないかどうかを知ることです

週間づつ5週分に袋分けした食費、日用品、などをその年の1月1日を含む週を1週目としてスタート
1週間の始まりは始まりは月曜でも日曜でもOKですが私は月曜にスタートしています
あとはとにかく5週間づつで過ごしていきます
その年の年末には1ヶ月と2週間分の袋が残っていますヨ


これで収支管理ができて年末にはお金が余ってるので毎年楽しみができます
    
我が家の袋分け 銀行の封筒で十分です
食費  
1週目5000円 
2週目5000円
3週目5000円
4週目5000円
5週目5000円
  
米代
6000円
・・・(いつも5kg2100円のものをを2袋くらい買っています
 余ったお金は別の袋に入れておいて調味料を購入し、その残りは別口座へ入金して貯めます)
 
   
日用品
3000円・・・(余りが出ても特売の日にまとめ買いができるように翌月の袋に繰り越して入れています)
  
予備費
5000円・・・(ほとんど使うことがないので翌月に別口座へ入金しています)
子供の急な病気やケガでのタクシー代や医療費など

        
新聞代
4000円・・・(やりくり費ではありませんが集金なので袋に入れて管理しています)
      



<一番上に戻る>


Copyright (C) since2004 yarikuri All Right Reserved