光熱費の節約> 電気代の節約

    

【HOME】
  
ガス代の節約
水道代の節約
電気代の節約





 
電気代の節約


冷蔵庫
24時間止めることの出来ない電化製品なのでできるだけ節約を心がけています
@扉を開ける時間をできるだけ短くするために
◆買い物してきたものは袋から出しながら冷蔵庫に入れずに冷蔵、チルド、野菜、冷凍に仕分けしてから入れます
◆プリンやミートボールなど数個が1組になっているものはバラしてから冷蔵庫に入れておくと、一つ取り出すために「取り出して一つ取って、また残りを入れて」の作業が取り出すだけの作業でOKになるので冷蔵庫の開閉の回数が減ります
◆扉の開く大きさより開けている時間が多い方が庫内の温度が上昇しやすいそうです

A中の冷気を効率よくすることを心がけて温度調節は夏は「中」、冬は「弱」で使用するために
◆中に物を詰め込みすぎない
◆冷気のでるところはふさがない
◆中に入れるものは必ず冷ましてから入れます
   
B冷蔵庫の後ろ10cm、左右は3cmくらいの隙間をあけて、上には何も置かないようにします
◆後ろや上部のほこりはためないように掃除を時々します
◆冷蔵庫自体の熱の放熱を妨げると冷却効果が低下してしまいます
   
Cパッキングのチェックを時々します
◆名刺やテレフォンカードをはさんで落ちなければ大丈夫です
◆ちょっとの隙間でも冷気がもれてしまい消費電力が上がってしまいます
    
電子レンジ
我が家の電子レンジはあたための自動センサーが重量で量っているため、重たい食器に入れて温めると時間がかかりすぎたり温まりすぎてしまうので手動で様子を見ながら温めます

解凍に利用する時も解凍ボタンで使用すると時間がかかるので「弱」で様子を見ながら解凍すると半分以下の時間でOKです   
      
炊飯器
炊き上がったらすぐにスイッチを切り、保温はしません
そのまま15分ほどおいておけばご飯も釜にくっつかずスルッと取れます

食べる時にレンジで温めるほうが安くつきますし、ご飯の変色も防げます  
     
電気ポット
電気ポットで湯を沸かし保温しておくのはとても電気代がかかるので使わない工夫をしています

ガスで沸かして保温できる水筒に入れておきます
これなら夏休みなどに子供だけでお昼ご飯を食べる時にインスタント味噌汁などを作る場合も熱湯が勢いよく出る心配がないので安心です
朝に沸かした熱湯が残っても、充分熱いので夕飯の支度の際に使います 
   
掃除機
◆掃除の前には物を片付けて一気に短時間でかけます
じゅうたんは「強」、フローリングは「中」、棚などのほこりは「弱」で充分なのでパワーも使い分けます
我が家では掃除機は週に2回程度しかかけません
ほこりが気になったら100円ショップで購入したガムテープを少し切ってペタペタと
◆ごみパックを交換の時にフィルターについたほこりも取り除きます
吸引力がアップします
  
洗濯機
洗濯物はいっぱいにしないで8割くらいの容量で洗うのが電力、汚れ落ちともにベストだそうです
汚れのひどくない物は自動で洗わずに手動で洗う時間を短くしたり、スピードコースで洗います 
   
アイロン
温度の低いものからあてます(ブラウスやスラックスなど)
週に一度まとめてあてています(温度が上がるまでの時間も電力を使うので回数は少ない方がお得)
 ハンカチや給食のナプキンは最後にあてるのですがラスト4〜5枚はスイッチを切ります。余熱で充分)    
    
テレビ
大画面、明るい、音量が大きい、すべて電力がアップしますので手動で画面の明るさを抑え、音量も小さめに、もちろんスイッチは主電源からOFFです

ちなみに我が家が一番浪費しているのはこれです
(テレビ大好きなので、在宅中はほとんどつけっぱなし...)   
  
こたつ
我が家のこたつは省スペース薄がけのこたつ布団なので中掛けは欠かせません
 
下敷きの下に保温マットをおくと熱が逃げにくいので設定温度は真冬でも中以下でOK 
100円ショップでも買えます    
  
エアコン
◆冷房も暖房も扇風機の併用が効果的です。
 
◆冷房は扇風機の風が当たることで体感温度が低く感じられ設定温度を下げることが出来ます(我が家の冷房設定温度は28℃です)
 
◆暖房は暖かい空気は天井付近にたまって足元が寒いままなので扇風機を上に向けてまわします
 また電気より石油やガスの方が安くつきます(我が家はガスファンヒーターです)
    

 
<一番上に戻る>


Copyright (C) since2004 yarikuri All Right Reserved