シングルマザーの子育て子供との時間(保育園時代)

   

【HOME】
    
子供との時間
何でも話せる関係作り
怒らない子育て
子供と家事
子供のおこづかい
節約のこころ
子供たちは成長してます
子供の携帯電話



子供との時間(保育園時代)


働いているおかあさんが、大変な事のひとつに子供と過ごす時間がなかなか取れないことがありますよね
休日はともかく、仕事のある日は、朝からバタバタして、考えてみると子供と向き合える時間がほとんどなかったように思います
夕方、帰って食事を作り、お風呂に入れると、もう寝る時間。
そこから子供とゆっくりすると就寝時間が遅くなり、保育園では「早く寝かせてください!」
などと指導されてしまいます(T_T)
   
確かに就寝時間など生活のリズムを作ることはとても大切なことですが、あまり極端に遅い就寝時間でないのなら、子供との時間も取りつつ、時間が取れないときは食事のとき、お風呂のときなどに子供が満足できる環境を作り出せてあげられればいいなと思います
■長男の甘え■
長男のときは初めての子育てで、保育士さんの言うことを守ろうと、子供とゆっくり過ごすこともなく、8時に寝かせようと頑張っていました(長男が1歳半くらいのころです)
そのうちに食事のとき、一人でスプーンを持って食べていたのに、食べさせてと要求するようになりました。保育園ではしっかり自分で食べているとのこと。

しつけをしないと、という思いが先に立って、なだめたり、ほめたり、ときには叱ったりして自分で食べさせようとしたのですが、だめでした。当時の担任の保育士さんも「自分で食べるようにさせてください」とおっしゃるだけでした。

しばらくして、先輩ママさんから「昼間は保育園で頑張ってるねんから、ご飯くらい食べさせてあげれば?大きくなったら自分で食べるよ!」といわれて力がふーっと抜けました
私に余裕がなかったのですね。(^^ゞ
それからは、長男は着替えも、食事もすべて私に「やって」の状態でしたが、就寝時間を9時半にして、いっしょに遊び、甘えの要求も聞いてあげると、半年も経たないうちに何でも自分でやる子に戻りました
食事も時間を気にせず、ゆっくり話し掛けながら食べさせてあげるようにしました

長男はもともと抱っこやスキンシップをあまり好まない子で、私への甘えがストレートに出せなかったんだと理解できたのは次男を育ててからでした↓
   
■次男の甘え■
長男のときに、保育園で頑張る反動が甘えで出る、という経験をし、次男も何か変化があるかなと思いながら、長男同様、1歳になり、保育園に預けました
次男は、それまでは、私が家事をしているときも一人で遊んでいてあまり手がかからない子でしたが、保育園に行きだすと、長男以上の要求が・・・

帰ると、私のそばからまったく離れません、食事の用意をするときも、私の足にしがみついて、うれしそうに笑っています。これでは家事がはかどらないので、食事以外はずーっとおんぶでした
トイレもお風呂もドアは開けっ放しで目の前で待っているのです
(冬場のお風呂は寒かった^^;)3歳くらいまで続きました

次男の場合はお兄ちゃんがいるからか、アプローチがすごかったです
おかあさんを独り占めできない分、より強い愛情を求められたのかなと思います
ちなみに次男はとってもストレートに私に甘えてくる子で、ご飯を食べさせて。など遠まわしに甘えることはなく、抱っこ、おんぶ!でとてもわかりやすい子供です(^^)



保育園に通う子供は、おかあさんと離れている時間が長く、特に1〜3歳くらいだと、おかあさんと過ごす時間の短さへの反動がどうしても出るみたいです
でも、それはかわいそうなことではなくて、おかあさんがそういう子供の気持ちがわかっていれば、その家庭での一緒に過ごす工夫がうまれ、子供の気持ちが満たされることにつながるのかな、と思います
  

   
<一番上に戻る>


Copyright (C) since2004 yarikuri All Right Reserved