>離婚を考えたら>離婚と年金分割

 

【HOME】
  
私の結婚〜離婚まで
離婚への迷い
離婚後の生活設計
離婚相談のこと
離婚の方法
財産分与
慰謝料
養育費
子供のこと(親権・戸籍・面会権)
離婚と年金分割
公正証書の必要性


離婚と年金分割


■現在、専業主婦は夫が厚生年金に加入していれば、妻は第3号被保険者ということで、保険料は納めていなくても、国民年金加入者となっています

 専業主婦だった妻は離婚した場合、夫の厚生年金は受け取ることができませんから、国民年金しか受け取ることができません

家事や育児のために頑張っても、国民年金しか入ることができなかった女性は、離婚してしまうと元夫は厚生年金を受け取れるのに対して、元妻は国民年金のみ・・・。
この不平等を解消する為に、年金改正に「年金分割」が盛り込まれたわけです

■年金分割とは、婚姻期間中の年金保険料は、夫婦共同で支払ったとみなし、離婚時に分割するというものです

※専業主婦の場合⇒厚生年金保険料の半分は妻が払ったものとして、将来の年金額が計算されます
※共働きの場合⇒足して2分の1づつ、または、協議で決めるようになる模様

年金分割が認められるのは
平成19年4月以降に離婚した場合のみです
夫の合意が必要なので、合意が得られない場合は裁判所に申し立てることになります。
夫がいったん受け取った年金を送金する仕組みで、相手が承諾し、送金してくれなければもらえないケースもでてきます。
分割割合は上限2分の1です

平成20年4月からは、合意がなくとも自動的に分割されるようになりますが、対象となるのは平成20年4月以降の第3号被保険者期間のみでそれ以前の分については話し合いで決めることになります
自動分割は共働きの場合は対象外です。

詳しくは日本年金機構で確認できます


慰謝料や養育費と同様、老後の大切な生活資金です。
施行されるまで、あと2年ありますが、離婚予備軍の方は、ぜひとも知っておきたい事柄ですね


追記 
もし、会社員の夫と離婚したら年金はいくらもらえるの?
2006年10月から、妻の独身時代に払っていた保険料、婚姻中の第3号被保険者期間を勘案し、年金を夫と分割した場合の額を通知してもらえるサービスが始まります。
離婚前なら申請者のみへの回答になるので、相手には知られない仕組みになっています
→問い合わせ先は社会保険庁です
  
内縁の場合は?
事実婚であっても届出を出して相手に扶養されていると認められれば第3号被保険者となって分割対象となります。

分割は自動的にしてくれる?
話し合いにより分割を決めた場合は、その内容を公正証書にして社会保険庁に提出しないといけません。
離婚後、2年を経過すると年金分割の請求権はなくなります。
 
   


    
<一番上に戻る>


   

Copyright (C) since2004 yarikuri All Right Reserved