家計を見直して無駄を減らすマイカー費の見直し

    

【HOME】
  
ボーナスに頼らない家計が秘訣
生命保険の見直しポイント
├ 掛け過ぎていませんか?
├独身時代の保険はどうする? 
├ 夫婦保険について 
├ 保険の見直し方法 
└ 入院費用の保障を考える
安い掛け金・共済保険比較表
子供の共済保険比較表
マイカー費の見直しポイント
住宅ローンの見直しポイント

マイカー費の見直し


車はあるととても便利ですが、経費がとてもかかるので見直しをすることが大切です
普通自動車なら税金・車検・任意保険で年平均10万円以上かかります
もし、駐車場を借りるとさらに出費が。
特に車の大きさ...後の維持費に大きな影響が出ます
     
    
購入するときにかかる費用        
リサイクル法の導入(2005年1月〜)
2005年1月から車リサイクル法がスタートします
自動車購入時に支払うことになります
リサイクル料金は、車種、エアバッグ類の個数、エアコンの有無等により、自動車メーカー・輸入業者が一台毎に設定しており、およそ6,000〜18,000円ほどです。

新車で買う時の税金  
@自動車取得税・・・地方税のため住まいの地域により異なります。目安としては3%くらいです
A重量税 ・・・乗用車(例)新車で1.5t未満の車購入の場合18900×3=56700円かかることにB自賠責保険料36か月分

中古で買う時の税金
自動車取得税・・・残価率します。ただしバイヤーの付た値とは違います。また残価率は自治体により異なります。⇒自動車取得税は地方税の為)
※残価率とは年数が経過することでその車の価値を表すために用いる評価率     
          
   
ローンを組む
毎月の返済だけでなく,今後の自動車税、車検にかかる費用なども考慮して組まないと家計の大きな負担のもとになってしまいます
                 
リースをする
リース料に税金や自賠責保険料などが含まれているプランもあるので
大きな出費に備える必要はなくなりますが,3年あるいは5年後に査定が悪いと追加料金を取られることもあるので注意が必要

頭金が少ないローンで購入をしようとしているときにはリースも検討の余地に入れてみるのもいいかもしれません
          
維持費    
自動車税・・・購入した翌月分からその年度末分までの支払い義務が生じます
ただし3月に購入した場合は翌月が年度の開始になるので、その年度分の支払期日までに払えばOK
ただし、軽自動車には月割りはありません
※軽自動車は2015年4月以降に購入した車両については10800円になります    
自家用車の税金
軽自動車 7200円
1000cc以下 29500円
1000cc超1500cc以下 34500円
1500cc超2000cc以下 39500円
2000cc超2500cc以下 45000円
2500cc超3000cc以下 51000円
3000cc超3500cc以下 58000円
3500cc超4000cc以下 66500円
4000cc超4500cc以下 76500円
4500cc超6000cc以下 88000円
6000cc超 111000円
車検
車検費用は新車購入後3年目、以降は2年ごとに10万円前後の出費となります
車検時には自賠責保険料24か月分と重量税2年分が含まれるので車の大きさはその後の維持費に大きな影響があります

自賠責保険
2005年度から値上げされます

値上げは2006年以降も段階的に続き、毎年見直されるようになります
   12ヶ月 24ヶ月 36ヶ月
乗用車 16350円 27840円 39120円
軽自動車 15600円 26370円 36920円

任意保険
インターネットや通販で安く加入できるものが増えてきました
任意保険は1年更新なのでリスク細分型で見直しをするなどチェックが必要です
また保険会社の健全性も確認が必要です
格付けが「BBB」又は「bbb」以上なら健全といえます

ガソリン代
ガソリン代は車を効率よく運転することで無駄を減らします
アイドリングをしない
重たいものを積んだままにせずに車が軽く走れるようにする
セルフスタンドを利用したりガソリン代をカードで支払ってポイントを貯めたりするなどしてお得を目指しましょう
  
             

    
     

<一番上に戻る>


Copyright (C) since2004 yarikuri All Right Reserved