>家計相談>のんこさん

       

【HOMEへ】
家計相談に戻る
シングルママ1
シングルママ2
シングルママ3
シングルママ4
シングルママ5
シングルママ6
夫婦2人
夫婦と子供@
夫婦と子供A
夫婦と子供B




のんこさん(31才)   夫(29才)    子供(2才)
手取り収入  225000円     ボーナス年間  400000円
現在貯蓄額:普通預金40万円、定期230万円
<相談内容>
1年前に、住宅を購入した直後に、収入が減ってしまい、貯金を取り崩す生活になってしまいました
定期預金は、私の独身時代の貯金なのでこれ以上は取り崩したくありません
今後の見直し点と対策をアドバイスしてください
住宅ローン 95000円
管理費 11250円
駐車場代 (分譲で購入した為、なし)
食費 35000円
光熱費 15000円
通信費(携帯含む) 14500円
新聞・NHK 5400円
生命保険(夫) 18000円
生命保険(妻と学資保険) 20000円
雑費・育児費 10000円
夫こづかい 20000円
ガソリン代 3000円
支出合計 247150円
    ▲22150円
<ボーナス支出> 
住宅ローン・・・・・ 15万円×2回
固定資産税・・・・ 約70000円
車検費用・保険 約20万円
車税金・・・・・・・ 39500円
合計 609500円
▲209500円
--------------------回答--------------------
収入の激減で、早急な見直しが必要です。
月々からの赤字が約22000円、ボーナス分も、210000円もの赤字です

まずはマイカー費です。思い切って手放すことも検討してください
それだけで、ガソリン代とあわせて年間275500円が捻出できます
せめて、軽自動車の所有にとどめてみてはどうでしょう。

次に、生命保険ですが、夫の生命保険は、住宅購入時に団体信用生命保険に加入していれば、
死亡保障は、住まいの確保ができているのでその分減らせます
今後第2子の誕生を考慮したとして、25年定期保険に加入しても4200円程度の負担で済みます。これに医療保険をプラスしても10000円前後で収まるでしょう。
ぜひ見直しを。
また、学資保険の利回りは現在はそれほど魅力はありません、無理して加入して家計が赤字になるなら、入院保障重視で、減額又は解約を念頭に入れてみても。
全労済の医療保障には満期(プランが選べます)をつけることができますので、少額掛け金で貯めることもできます

生活費全般としては、食費をあと、5000円、光熱費を2000円、雑費・育児費を2000円
携帯電話料金を1500円くらい減らす努力を。

ここまでで、なんとか赤字はほぼ解消できそうですが、最期に住宅ローンの見直しをぜひ検討してください。同じ貯金の取り崩しなら、繰上げ返済の返済額軽減型に利用することや(購入1年なら効果が期待できます)、各銀行などで低金利の固定金利の住宅ローンもありますので、借り換えの諸費用に利用することも考えることもできます。

妻が働きに出て、収入を得ることもよいと思いますが、保育料が高いと結果、家計の足しにならないことも懸念されますので注意が必要です
  
<一番上に戻る>
 

 


Copyright (C) since2004 yarikuri All Right Reserved