家計を見直して無駄を減らす掛けすぎていませんか?

    

【HOME】
  
ボーナスに頼らない家計が秘訣
生命保険の見直しポイント
├ 掛け過ぎていませんか?
├独身時代の保険はどうする? 
├ 夫婦保険について 
├ 保険の見直し方法 
└ 入院費用の保障を考える
安い掛け金・共済保険比較表
子供の共済保険比較表
マイカー費の見直しポイント
住宅ローンの見直しポイント

掛けすぎていませんか?


生命保険は家族構成やライフスタイルの変化の応じて見直していくことが大切です
公的保障や他の保障などをよく確認して保険に入りすぎにならないようにしましょう
保険料が家計を圧迫している家庭は結構多いのが現状です

例えば

・結婚した時
・子供が生まれた時
・住宅を購入した時
・収入が変わった時(妻が仕事を始めた、辞めた、夫が転職など)
・子供が独立した
などです

主なチェックポイントは

結婚した時は、独身の時に入っていた保険をどうするか
夫婦型の保険は夫が死亡したとき妻の保障まで消滅してしまわないか注意が必要
妻が将来に渡って就業するのなら夫に死亡保障は高額の必要はありません

子供が生まれた時は、遺族年金はいくら支給されるか、妻の老後の年金はいくらあるのかをある程度把握し足りない金額を保険で賄えば大丈夫です 

住宅を購入した時は、団体信用生命の加入により万が一の時に住宅ローンの残債は保険金で清算されるようになっているか⇒その分の死亡保障は減らせます

子供が独立した時、大きな保障は必要なくなるが、定期保険が満了時に医療特約がどうなるか、特約料の一括払いはどうなっているのか確認しておく必要があります

保険を見直す時、増額、減額、払い済み、転換、解約、がありますが、解約して新たに別の保険会社に入るときは保障が途切れないようにすることが必要になります
特に通販やインターネットなどで自分で申し込む時は新規契約の責任開始日と加入中の保険の解約日が重なるように気をつけてください


死亡保障を得る保険は貯蓄とは分けて考え、外資系の保険会社などで無配当保険で安い掛け金で加入すれば家計の負担を減らすことが出来ます

保険の相談ができます   
保険の見直しはこちらから!「保険のビュッフェ」
「独身時代の保険はどうする?」
「夫婦保険について」
「保険の見直し方法」へ
「入院費用の保障を考える」


<一番上に戻る>


Copyright (C) since2004 yarikuri All Right Reserved