>家計相談>よっしーさん

       

【HOMEへ】
家計相談に戻る
シングルママ1
シングルママ2
シングルママ3
シングルママ4
シングルママ5
シングルママ6
夫婦2人
夫婦と子供@
夫婦と子供A
夫婦と子供B



よっしーさん(37才)   息子(7才)
手取り収入 100000円
児童扶養手当 40000円
児童手当    5000円
<相談内容>
母子手当がいずれ削減されていくなか、手当にたよらなく ていい家計にしていきたい。
今はパートですが、収入を増 やす事も考えていき、子供もできれば大学へ行かせてやり たいと思いがんばっています。
費目 支出 見直し後
家賃 親所有の借家のため0円   
食費 35000円 30000円
電気 3500円     
ガス 2000円    
水道(1か月分) 2000円    
電話代 2500円     
携帯電話 2700円     
日用品 5000円 3000円
交際費 5000円 3000円
こども用品 3000円  
教育費(児童ホーム・塾など) 20000円  
インターネット費用 2000円  
国民健康保険(前納済み) 1600円  
国民年金保険 全額免除  
終身保険 20000円 2600円
(掛け捨ての保険)
医療保険(ガン保険付) 2700円  
がん保険 2700円 解約
全労済  1600円 解約
所得補償保険 1600円  
学資保険  25000円  
投信積立 10000円  
積立      25000円
支出合計 147900円 142200円
    ▲2900円 △2800円
※年間貯蓄額  現在→0円
           見直し後→300000円
--------------------回答--------------------
家賃が掛からずに生活できるという、恵まれた環境です

ただ、病気などで収入が途絶えたら・・・というご心配からなのでしょうか、(学資保険以外の)保険料が多いようです
加入中の保険についての見直しが必要に思いました
【保険について】
気になったのは、学資保険と、将来年金原資にもなる、貯蓄型の保険があるとはいえ、毎月の貯蓄がなされていないことです。
ガン保険付の医療保険に加入されているので、ガン保険は解約を考えても良いと思います

また、年金原資にもなる終身保険は、60歳の時にいくらの年金原資なっているか確認してみてください。
20代の頃に加入し、利回り(予定利率)のよい保険なら、今後収入が増えることを前提に継続することも良いと思いますが、もし利回りが低ければ、思い切って解約、または減額し、掛け捨ての定期保険に入ることも検討されてはいかがでしょうか。(死亡保障1000万円の20年定期保険で1ヶ月2600円くらい※参考:オリックスダイレクト定期
死亡保障については子供さんの学資保険に育英特約などがついているのであれば、それも考慮して考えれば良いと思います

※仮に今から、毎月17000円を60歳までの23年間、年利0.03%で積み立てしていくと、積立合計額は4708165円(税引き前)になります
加入中の終身保険よりは利回りが低いとは思いますが、流動性のある資金を持っておくことも必要です。

【投信積み立てについて】
投資信託は貯蓄としては、長期運用の類になります。
ファンドの種類によっては、大きく元本が下回ったり、ファンド自体が解散するリスクもあります。
ただし、時価評価ですから、将来の資産価値に添った資産増加を期待できるメリットがあるので、無理でなければリスクと上手に付き合いながら、続けても良いのではないかと思います。

【その他】
食費、交際費、日用品を少しづつ減らせば、収入の範囲以内で収まります。
子供さんが、4年生になれば児童手当の5000円がなくなりますが、その分、児童ホームの支出分の5000円もなくなるかと思いますので収支としては大丈夫ですね。




<一番上に戻る>
 

 


Copyright (C) since2004 yarikuri All Right Reserved