離婚後の生活設計>児童扶養手当のこと
   
       
【HOME】
     
母子家庭を支える制度
児童扶養手当のこと
シングルマザーの生命保険は?
シングルマザーの保険加入プラン
どうする?教育費
シングルマザーと仕事
スキルアップしよう









           
児童扶養手当のこと
 

年々、受給額が減ってきつつある児童扶養手当ですが、やはり欠かせない手当てです。
最近改正法案が可決され、次のような事項が加えられました

※児童扶養手当を受給してから5年経つと受給額が減額されるということが、平成15年4月に決定されています
平成15年4月から5年後ということなので、平成15年4月時点ですでに児童扶養手当を受給していた人は平成20年4月から減額の対象になります
減額の金額等についてはまだ未定だそうですが、ますます母子家庭にとっては厳しい世の中になるということですよね。
詳しいことが分かりましたら随時更新していきますね。
現状では毎年の現況届の時に
・就業している
・求職活動等自立を図るための活動をしている
・障害を有している。または、親族が障害を有しているため介護をしており、就業することができない。
・自身の負傷、疾病のため就業することができない。または、親族が負傷、疾病のため介護をしており、就業することができない。
などの証明ができて届出書を提出できれば減額対象から外れることができるようです
※自治体により異なる場合があります
  
児童扶養手当の概要
児童扶養手当は、父親と生計をともにしていない、次に掲げる児童の母、又は母以外の養育者で、一定の要件等に該当する場合に支給されます。
  1. 父母が離婚した児童
  2. 父または母が死亡した児童
  3. 父または母が政令で定める重度の障害の状態にある児童
  4. 父または母の生死が明らかでない児童
  5. 父または母から引き続き1年以上遺棄している児童
  6. 父または母が裁判所からのDV保護命令を受けた児童
  7. 父または母が法令により1年以上拘束されている児童
  8. 婚姻によらないで生まれ児童
  9. 棄児など父母があきらかでない児童
手当は申請した月の翌月分から受給資格がなくなった月分までが支給対象となります
児童の対象年齢は18歳に到達して最初の3月31日まで
(心身に中度以上の障害がある場合は20歳未満)です
児童扶養手当受給額
1月〜6月中に申請した場合は、前々年の収入で判断します
7月〜12月に申請した場合は、前年の収入で判断します
支給内容  平成27年4月(8月振込分)〜
児童の数    
1人 全部支給:月42000円
一部支給:月41, 990円〜9, 910円
(前年中の所得額等に応じて決定)
2人 月額5,000円加算
3人以上 1人増すごとに月額3,000円加算
     
目安としては所得が65万円以下だと扶養の子供が一人で全額支給、二人だと103万円以下で全額支給です
所得とは税金などすべてを控除したあとの収入のことです(手取り

児童扶養手当の所得計算は一般的な所得税控除の計算とは異なりますので詳細はお住まいの地域へのお問い合わせが確実です
   
  
  
<一番上に戻る>


Copyright (C) since2004 yarikuri All Right Reserved